星の見える時計塔

2016 06 25 since

Detail

  • 時計塔プロジェクト初の小説作品。

  • 単行本300約ページ分。

Summary

「もうすぐ、空が無くなるらしいよ」

ハイムは、友人のセノからそんな噂を聞いた。馬鹿馬鹿しい。と、ハイムは鼻で笑う。季節は夏に差し掛かっている。街をじりじりと照りつけているこの空が、無くなるわけがない。

少し勝ち気で生意気なハイムと、消極的でいじめられっこのセノ。正反対の性格をした二人が、一人の少女と出会ったことによって、後に『鐘の日』と呼ばれる出来事に巻き込まれていく…。

Artist

吉岡大地(時計塔プロジェクト)

◆執筆 ◆校正

Download

​Free Download